翻訳は、品質に定評のある
翻訳会社JOHOにおまかせ下さい。

スペイン語翻訳のコラム

特許におけるスペイン語翻訳

特許とスペイン語翻訳

特許におけるスペイン語翻訳特許は知的財産権の中でもっとも広く知られている権利の一つではないでしょうか。知的財産権と言ってもさまざまな種類が存在しますが、特許は多くの方が一度はその名を耳にしたことがあるほど広く浸透しています。恐らく多くの方は特許と聞くと発明をイメージしてしまうでしょう。実際に何らかのアイテムを発明して億万長者になった方のストーリーが、テレビ番組などで取り上げられることも多々あります。特許を取得するためには出願書類の提出が必須となり、様式に従ってそれぞれの項目を埋めていくことになります。
スペイン語を使用している国々は世界に数多く存在おり、世界で4番目に多く使用されている言語とも言われています。そんなスペイン語を主要言語としている国で、特許を出願するには当然スペイン語翻訳が必要となるでしょう。その際正しく意味を理解してもらえるような出願書類に仕上げないとせっかく素晴らしい発明などをしても、真意が伝わっていないことも考えられます。どんなに素晴らしいアイテムを発明したとしても出願書類にミスがあれば意味はなく、誰かにアイデアをそのまま取られてしまう可能性すらあるのです。

出願書類の作成はプロに

現在ではスペイン語翻訳などの言語翻訳を専門としながら、特許事務所を併設しているような企業も存在します。専門的に翻訳を請け負う企業へ依頼をすればそのまま出願書類の作成や提出まで一貫して行うことが可能です。また、これらの出願書類や必要書類は専門的な用語もたくさん使用されており、専門性が高いためこの分野に精通したプロフェッショナルに書類を作成してもらう必要があります。出願書類の作成や翻訳を依頼するのであれば、特許に精通したプロが翻訳してくれるかどうかを事前に確認しておくことは大切です。大切な知的財産権を守るためにも絶対に欠かすことはできません。
日本の場合だと出願書類の作成などを専門に行っているエキスパートが存在し、そうしたプロに依頼するのが一般的です。もちろん、自身で出願書類を作成することも可能ですが、複数の書類を準備しなくてはならないため、素人が簡単に行えるものではありません。そのため、基本的には専門家に依頼することになります。また、スペイン語を公用語とする国で出願するためには当然スペイン語翻訳が必要となり、スペイン語翻訳しないことには出願さえすることはできないでしょう。日本の出願書類でさえ作成は困難なことが多いため、それがスペイン語となるとさらに難易度が高くなりうるため、尚更プロの手に頼ることが必要なのではないでしょうか。

ブログカテゴリ
コンテンツ一覧
  • ツイッター
  • 翻訳のすすめ

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-20-3
東栄神宮外苑ビル

お問い合わせ
03-6447-0298

【営業時間】10:00~18:00(土日・祝日除く)

ページトップへ

お見積もりは無料です。お気軽に翻訳会社JOHOまでお問い合わせください。

電話番号:03-6447-0298
翻訳言語
英語 中国語 ドイツ語 韓国語 フランス語 タイ語 イタリア語 ベトナム語 スペイン語 多言語翻訳 ポルトガル語 ロシア語  国際特許出願
翻訳分野
法律・契約書 特許翻訳 機械・工業・技術 IT 不動産・建築 医学・薬学 教育・研修 金融・IR 映画・テレビ 観光・宿泊分野 公的証明書 ビジネス文書
企業情報
翻訳会社JOHO 翻訳価格表 JOHOの特長 翻訳者募集 翻訳お見積 会社情報 プライバシーポリシー ご利用手順 サイトマップ
Language
日本語 English French 中文 Italiano Deutsch

閉じる