翻訳は、品質に定評のある
翻訳会社JOHOにおまかせ下さい。

翻訳マネージャーコラム

翻訳は様々な知識がある翻訳会社に依頼しよう

翻訳は様々な知識がある翻訳会社に依頼しよう

翻訳は様々な知識がある翻訳会社に依頼しよう翻訳会社とはどういったことをするのかいろいろなビジネスがありますが、海外で発行された書籍などを日本語に翻訳することを専門に行う会社があるのをご存知ですか。単に翻訳といえば、一番初めに出てくる言語はやはり英語ではないでしょうか。英語を日本語に翻訳したり、日本語を英語に翻訳したりしますが、英語が話せる人は今の日本では大勢います。翻訳には翻訳したい国の言語を話すことが出来るという能力はもちろん必要ですが、話すことが出来るという能力があるだけでは難しいのが翻訳というものです。例えばある英文を何人かに日本語への翻訳を依頼したとした場合、まったく同じ文面になることはほとんどありません。翻訳をすることは簡単そうに思えますが、実際に文面に隠された本当の意味というもの訳することは難しいものです。その人の解釈の仕方で文面は大きく変わってくるのです。ある程度、書いた人の本当の狙いを分かった人、もしくは直訳でなくともより伝わりやすい文章に訳すことが出来る人でなくては、万人に理解される翻訳はできなのではないでしょうか。そう考えると翻訳といっても奥が深いものです。どこまで筆者の考えを表現できるかというのは重要なことです。日本語を英語に翻訳をするのにも同じことが言えます。それだけ翻訳をするということが簡単なことではないのです。翻訳はその作業を行う人の癖が前面に出やすいいものです。翻訳が英語だけであればある程度翻訳をしてくれる人を集めることはできますが、フランス語、ドイツ語、韓国語、中国語など世界各国の翻訳を行うとなると、対応出来る人は限られてくるものではないでしょうか。それだけ多岐にわたった言語を翻訳することができるところは優秀な会社で、依頼する価値がある所といえるでしょう。しかし、単に何か国語でも対応してくれるからといってすべての企業が良いという訳ではありません。依頼する言語に柔軟に対応できる業者でなければならないのです。例として挙げるのであれば、同じ日本語であっても東北に住んでいる方と沖縄に住んでいる方では言葉の特徴が全く違います。そう、方言です。日本という国でも方言があるように、英語であっても、中国語であっても同様にその地域によるクセというものがあります。それらをしっかりと読み取って対応しなければならないのです。また、同じ日本語といっても難しい表現を使用している場合もあります。曖昧で伝わりづらい表現を使用している場合もあります。同じ単語であっても別の意味があったり、地域によって別の捉え方があったりもするでしょう。そうしたことにも柔軟に対応できるだけの言語能力が無ければ翻訳は難しいのです。単にその国の言葉を翻訳できるといっても、そのあたりまで柔軟に対応できるかというのが重要なポイントです。翻訳会社にもいろいろとある先ほども述べたように、翻訳と一言で言っても依頼する会社によってその出来は様々に違います。どれだけ翻訳をこなしているかなど経験の度合いで品質も変わってきますので、だれが翻訳をするかで品質が良くもなり悪くもなります。翻訳をする翻訳会社にも、副業として行っているところから、翻訳をすることができる言語数なども多国語を対応しているような、翻訳をメインのビジネスとして行っている翻訳会社などがあります。HPだけでは見分けが付かない場合もありますが、良い翻訳会社を見つけるにはどうしたらいいのでしょうか。サービスの範囲をHPなどで記述しているところで、翻訳料金がある程度決まっていて、料金が明確になっているということは絶対条件です。その中で、しっかりと納期を守ってくれるのは最低限のラインとなるでしょう。納期と翻訳後のアフターフォローも翻訳会社選びの大事な条件です。電話やメールで相談をしている時の態度も重要で、丁寧な受け答えをしていて、こちらの考えをしっかりと理解してくれていなければ意味がありません。そんな会社が見つかりましたら多少他社より高くても、こちらが思っているような翻訳をきっちりと納期までに渡してくれるものでしょう。こちらの考えを伝えるのに手間がかかるような業者では、より伝わりやすい翻訳をお願いするのも難しくなってしまいます。少しでも翻訳を品質の高いものにしたいのであれば、相手と会話をしている時の対応をしっかりと確認しましょう。ある程度翻訳をしっかりと行ってくれるのかどうかがわかってくるはずです。翻訳会社の今後のあり方と選び方ただ文章を渡して翻訳をしてもらえばいいというのであれば、個人で翻訳をしてくれる安い料金の所に依頼すればいいのですが、グローバル化が進み、今後は、もっと中の意味を理解してから感情移入出来るような文章に訳してくれるような業者で、専門性が高い業者が必要となってくるのではないでしょうか。そう考えると、そこまで行ってくれるところとなると副業で行っているような翻訳会社ではなく、専門の翻訳を行うところにお願いするのが良いでしょう。価格が多少高くなってしまったとしてもしっかりと文章の意味を理解してから翻訳をしてくれるところや、日本語から多国語、多国語から日本語への翻訳ではなく、多国語から多国語に翻訳ができるプロを必要とします。プロの翻訳会社を見つける手段としては、できるだけ情報収集を行ってから、任せても大丈夫な会社なのかを判断する材料を多く収集しないければなりません。様々な翻訳会社の話を聞き、ここになら安心して任せられると思うところに依頼することが大切です。

ブログカテゴリ
コンテンツ一覧
  • ツイッター
  • 翻訳のすすめ

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-20-3
東栄神宮外苑ビル

お問い合わせ
03-6447-0298

【営業時間】10:00~18:00(土日・祝日除く)

ページトップへ

お見積もりは無料です。お気軽に翻訳会社JOHOまでお問い合わせください。

電話番号:03-6447-0298
翻訳言語
英語 中国語 ドイツ語 韓国語 フランス語 タイ語 イタリア語 ベトナム語 スペイン語 多言語翻訳 ポルトガル語 ロシア語  国際特許出願
翻訳分野
法律・契約書 特許翻訳 機械・工業・技術 IT 不動産・建築 医学・薬学 教育・研修 金融・IR 映画・テレビ 観光・宿泊分野 公的証明書 ビジネス文書
企業情報
翻訳会社JOHO 翻訳価格表 JOHOの特長 翻訳者募集 翻訳お見積 会社情報 プライバシーポリシー ご利用手順 サイトマップ
Language
日本語 English French 中文 Italiano Deutsch

閉じる