翻訳は、品質に定評のある
翻訳会社JOHOにおまかせ下さい。

翻訳マネージャーコラム

金融翻訳のネイティブチェック

金融翻訳のネイティブチェック

金融翻訳のネイティブチェック一般的に翻訳というと、英文を日本語に訳する、もしくは日本語の文章を英語に訳するケースが挙げられます。もちろんそれ以外の言語を訳す場合もあります。
しかし、翻訳は奥深いもので、翻訳を行う分野の専門知識が必要になったり、表現方法を使ったりしなければなりません。
そのような翻訳のなかでも、高レベルな翻訳が要求される分野が金融翻訳です。金融翻訳では、知識や技術が必要になると同時に、質の高い文章も求められます。
たとえば、2017年よりアメリカ大統領に就任したドナルド・トランプ氏は、様々な金融政策を表明していますが、アメリカの金融政策は日本にも大きな影響を及ぼします。そうした最新の傾向や専門知識を持ちつつ、さらに金融翻訳独自のスキルを向上させなければならないのです。

1. 求められるのは海外で通用するレベル

金融翻訳は、専門的な翻訳のなかでも特に難しい分野です。
まず金融という分野は、主に銀行、証券、保険といった内容に分類されます。金融翻訳には金融における総合的な知識が求められるのはもちろんのこと、各分類の専門知識も必要となります。
なぜこれほどまで、金融翻訳では専門知識が重要視されるのか。そこには金融翻訳の特徴が関係しています。
金融翻訳の特徴のひとつに、「速報性」があります。
たとえば、金融は為替を取り扱う分野なので、為替の動きに関するレポートの翻訳も行わなければなりません。為替においてスピードは非常に重要です。スムーズに翻訳を行うためにも、金融に関する専門知識を持っておく必要があるのです。
そしてもうひとつの特徴が「独自性」です。
金融分野の文書にはジャンル特有の表現、言い回しが存在しています。金融翻訳では、そんな表現や言い回しをうまく使い分けなければいけません。
もちろん、独自の表現を知らなくても、どんな分野でも英文を日本語に訳することだけなら、できる人も多いでしょう。ところが、金融で扱われる文書は、その分野特有の表現を熟知している、金融分野に精通した人が読むことが多く、単に訳されただけの文章では高い評価を得られないでしょう。
また、他にも多くの人の目に入る文章であるため、誰が読んでも納得できるような質の高い文章でなければいけません。国内だけでなく、世界で通用するレベルまで到達させてはじめて、よい翻訳物であるといえるのです。

2. チェック体制の強化が品質を上げる

翻訳物の品質の向上は、翻訳者のスキルに左右されるところは大きいかもしれませんが、全てではありません。
文章全体の質を向上させ、世界で通用するレベルまで高めるためには、翻訳物のチェック体制を強化する必要があります。
翻訳とは、訳すという作業が終われば仕事も完了というイメージを持っている人も多いでしょう。しかし、それだけでは質の高い翻訳物は出来上がりません。翻訳が終わった文章は、校正者やネイティブがチェックすることで、さらに正確なものに仕上がります。
英文を日本語に訳する場合は、日本人の校正者がチェックすることで、日本語の言葉遣いなどを正すことができます。さらにジャンルごとの独特な表現についても、最適な言葉が使われているかどうか確認することができます。
一方で、日本語の文章を英語に翻訳した場合、日本語専門の校正者が確認をしても、それも日本語を専門とするスタッフの視点になってしまい、英語を正確に翻訳できているかどうか確認することは難しいのです。
そこで、翻訳した文章を、英語を母国語とするネイティブの校正者にチェックしてもらうことで、文章や表現の誤りを正すことができます。
そんなチェック体制の強化が、翻訳物の品質の高さ、専門性の向上につながります。

3. チェックを怠ることで発生する弊害

翻訳した文章はチェックを行うことで、品質が向上します。チェック担当者のなかにネイティブが含まれていれば、さらに効果は高まります。
では、金融翻訳でチェックを怠った場合、どのような弊害が発生するのでしょうか。
まず翻訳物全体のレベルが下がることは明らかでしょう。さらに外国人が翻訳された文章を読んだ際に低い評価を下すこともあるかもしれませんし、最悪の場合は書かれている意味をうまく理解できない可能性もあります。日本語と英語は表現方法が違うことに加え、金融分野の文書は独特の表現や専門用語も多いので、そのようなリスクも十分に考えられます。

それ以前に、文章全体を見た時に整合性が取れていないとなると、これは文章として成り立っていないことになります。
これは翻訳物に限らず起こりうることですが、異なる言語を翻訳すると起きやすいトラブルでもあります。日本語から英語を訳すうえでも、英語から日本語へ訳すうえでも、両方の言語を照らし合わせながらチェックしなければ、整合性を確認することはできません。
文章を作成する、翻訳をするうえでチェック体制を強化することは、とても重要です。翻訳ジャンルのなかでも特に難しい金融翻訳であれば、なおさらのことです。

4. 翻訳からチェックまで全て任せられる翻訳会社

ひとくちに金融分野といっても、銀行、証券、保険など様々な分類があります。金融本薬を手がける際には、各分類の専門知識が求められますし、さらに金融分野独自の表現方法も身につけなければなりません。
さらに。翻訳にはネイティブによるチェックも必要です。翻訳という作業には、これだけ多くの必要事項や工程があるため、個人で対応するのは非常に難しいといえるでしょう。翻訳体制を有していない企業が、自社で翻訳を行おうとしても、かなりの負担を強いられることになります。
しかし、金融翻訳を翻訳会社に依頼することで、そうした負担を軽減することができます。
翻訳会社には、金融分野でもそれぞれの分類に特化した翻訳者が在籍しています。もちろんチェック体制も整っています。
スピード、正確さ、そして高い品質を求められる金融翻訳でお困りの際は、ぜひ翻訳会社にご相談ください。

ブログカテゴリ
コンテンツ一覧
  • ツイッター
  • 翻訳のすすめ

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-20-3
東栄神宮外苑ビル

お問い合わせ
03-6447-0298

【営業時間】10:00~18:00(土日・祝日除く)

ページトップへ

お見積もりは無料です。お気軽に翻訳会社JOHOまでお問い合わせください。

電話番号:03-6447-0298
翻訳言語
英語 中国語 ドイツ語 韓国語 フランス語 タイ語 イタリア語 ベトナム語 スペイン語 多言語翻訳 ポルトガル語 ロシア語  国際特許出願
翻訳分野
法律・契約書 特許翻訳 機械・工業・技術 IT 不動産・建築 医学・薬学 教育・研修 金融・IR 映画・テレビ 観光・宿泊分野 公的証明書 ビジネス文書
企業情報
翻訳会社JOHO 翻訳価格表 JOHOの特長 翻訳者募集 翻訳お見積 会社情報 プライバシーポリシー ご利用手順 サイトマップ
Language
日本語 English French 中文 Italiano Deutsch

閉じる