翻訳は、品質に定評のある
翻訳会社JOHOにおまかせ下さい。

英語翻訳のコラム

証明書書類の英語翻訳

証明書の英語翻訳

証明書書類の英語翻訳

公的文書の英語翻訳はとても大切です。なぜ大切なのかといえば専門的な知識が必要だからです。公的文書の英文は文章構成が独特です。法律用語が多いので専門的な知識も必要です。特に英文の契約書は冗長な言い回しが多くあります。英語の勉強ではないような言い回しも多数見受けられます。
そのため、英語力に優れている人であっても読解が難しい書類ばかりです。しかしこれらの文法は英語の書類では当然です。弁護士たちが長年の経験から正確性を追求した結果スタイルが確立しているため、今後変わることはありません。翻訳する側の力量が求められます。特に不動産契約の場合、公的文書は必須のため英語翻訳を行うことによって相手の意図を正確に理解出来ますが、一般的な英語の知識しかない人間が翻訳を行っても相手の意図を汲むことが出来ません。
常用英語とビジネス英語の違いは同じ英語でも大きな違いがあります。専門的な知識を持った人間でなければ出来ないことであり、特に不動産関連の場合は必須のため英語が喋れる程度の人間に任せてニュアンスを間違えると大変な状況に陥る可能性があります。

証明書の英語翻訳は難しい

英語翻訳を行う証明書は、お店の運営に必要な営業許可契約書、売買契約書、土地転賃貸契約書、建物や機械リースなどの賃貸契約書、使用契約書、譲渡契約書など、これらは意外にも不動産や動産の契約書に対しての英語翻訳です。どれも専門用語が行き交うので英会話をこなせる程度では英語翻訳は難しいレベルです。
戸籍謄妙本や住民票などの身分証明にあたる証明書や所得証明書や課税証明書の税金に関する証明書、財産でもある土地家屋評価証明書や、これら以外の各種証明書に関しても翻訳を行います。これらの証明書は不動産売買の際には必ず用意しなければならず専門用語がとても多く、長年英語圏に住んでいた人でも、専門用語のため全く分からない人もいるほどです。専門性のあるジャンルなだけに、正しい言葉の使い方も求められ、どのような文法が使われているのかを理解している人間でなければ正確な翻訳が出来ません。
英語のコミュニケーション程度であれば多少言葉や文法が間違っていても相手に伝われば問題ありません。しかしこれらの証明書は単語はニュアンスではなく、正確に翻訳しなければなりません。軽いミスがあることで証明書として機能しないケースも十分に考えられます。専門用語をきちんと理解して翻訳できる会社に依頼する必要があります。

ブログカテゴリ
コンテンツ一覧
  • ツイッター
  • 翻訳のすすめ

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-20-3
東栄神宮外苑ビル

無料お見積り
03-6447-0298

【営業時間】10:00~18:00(土日・祝日除く)

ページトップへ

お見積もりは無料です。お気軽に翻訳会社JOHOまでお問い合わせください。

電話番号:03-6447-0298
翻訳言語
英語 中国語 ドイツ語 韓国語 フランス語 タイ語 イタリア語 ベトナム語 スペイン語 多言語翻訳 ポルトガル語 ロシア語  国際特許出願
対応分野
法律・契約書 特許翻訳 機械・工業・技術 IT 不動産・建築 医学・薬学 教育・研修 金融・IR 映画・テレビ 観光・宿泊分野 公的証明書 ビジネス文書
企業情報
トップページ 価格表 JOHOの特長 翻訳者募集 お見積り 会社情報 プライバシーポリシー ご利用手順 サイトマップ
Language
日本語 English French 中文 Italiano Deutsch

閉じる