新着情報

翻訳言語別コラム

日本語で訳さない方が自然な英語の単語とは?

2022年08月22日

翻訳には日本語と英語の違いを理解することが大切

翻訳というのはただ正しく訳せば良いのではなく、読み手が読みやすい訳文を作ることが大切です。英語が話せる人が全員英語の翻訳者になれる訳ではないように、翻訳を行うには翻訳の知識と技術、経験が必要なのです。
また、日本語と英語の表現方法の違いや特徴を理解して翻訳を行わないと、英文を訳した際に不自然な訳文が出来上がってしまう、ということがよくあります。
自然な日本語の文章に翻訳するためには、原文に出てくるすべての単語を日本語にする必要はないのです。

英語の所有格は日本語で訳さない方が自然

英語の文章は主語はもちろん、「誰の」を表す所有格をつける必要もあります。一方、日本語ではむしろつけない方が自然な文章になりますよね。
そのため、英語から日本語へ翻訳を行う際には所有格を省いて文章を作る必要が出てきます。
例えば、
”I’m going to wash my hands.”を”私はこれから私の手を洗ってきます。”と訳してしまうと非常に不自然です。日本語では主語も所有格も訳さずに”ちょっと手を洗ってきます。”が自然な文章となるでしょう。

英語の数を表す表現と不可算名詞に注意

日本語で訳してしまうとおかしな文章になってしまうものは主語や所有格の他に数を表すものもあります。
英語は単数と複数をはっきり分けて表現しますが、日本語ではあまり変えることはありません。また、英語に翻訳する際に「a」や「s」をつけなければ!と思いやすいのですが、数えることができない名詞(不可算名詞)についてはこれらの単数、複数表現をつけないように注意しましょう。
例えば、
”I have a good news.”は間違いです。「良い知らせ」は数えることが出来ない名詞なので、”I have good news.”が正しい英文となります。

to、forの訳し方

「to」や「for」をすべて「~のために」「~のための」と訳してはいませんか?文によってはこの「ため」を日本語で表記しない方が自然な場合も多くあります。
例えば、
”I went to Tokyo for a vacation.”という文では、私は休暇のために東京へ行った。よりも、私は休暇”で”東京へ行った。と訳した方が自然な文章になります。
”This is a present for her.”も、これは彼女のためのプレゼントです。よりも、これは彼女”へ”のプレゼントです。とした方が自然ですね。

日本人が間違えやすい「the」の使い方

「a」の他に日本人が間違えやすい冠詞に「the」があります。
「the」は基本的に特定または限定している場合に使います。日本語で「その」というような意味であると覚えると理解しやすいかと思います。
例えば、
I have a pen. は、私はペンを1本k持っている。という意味になりますが、
I have the pen. は、私は”その”ペンを持っている。という意味になります。
冠詞は小さな単語でリスニングでは流してしまうことが多いですが、翻訳において使い方を誤ってしまうと正しい内容が伝わらなかったり、英文そのものの質を落としてしまう原因にもなります。
質の高い翻訳の文章を作成するには間違えてはいけないポイントとも言えます。

専門分野の英語翻訳は翻訳会社を利用しよう

Google翻訳など「翻訳」と検索するとたくさん出てくる機械翻訳サービスは日本語と英語の翻訳において非常に便利で、テキスト入力の他、音声や文字、PDFのファイルごと翻訳することも可能です。スマホにアプリを入れて辞書代わりに利用している方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
翻訳の精度も上がっていて、趣味や調べもの向けとしては十分使えますが、ビジネス文書や契約書等といった重要な翻訳を行う際には表示される結果が正しく適した文章であるかというと難しく、翻訳に慣れていない場合はその情報が合っているのか判断することも難しいですよね。こんな時はやはり人の手で翻訳することが選択するのがおすすめです。
翻訳会社のJOHOでは一般文書から専門文書まであらゆる分野の英語翻訳が可能で、高品質な翻訳と高い機密管理体制に対し高い評価を受けて国内外の政府機関からも多数のご依頼をいただいております。
サービスの詳細や会社の概要、利用規約などについては是非ホームページのサイトマップよりご確認いただけますと幸いです。見積もりは無料です。ぜひお気軽にお問合せくださいませ。

JOHOでは、以下のように英語以外にも多言語から日本語に翻訳することが可能です。

<JOHOが日本語に翻訳する主な言語>

英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、中国語、韓国語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語、その他スカンジナビア言語や中東言語、アジア言語等、20を超える多言語の翻訳に対応しています。

無料お見積もり・お問い合わせ