翻訳は、品質に定評のある
翻訳会社JOHOにおまかせ下さい。

翻訳マネージャーコラム

中国語の翻訳なら、プロの翻訳会社に任せよう!

中国語の翻訳なら、プロの翻訳会社に任せよう!

中国語の翻訳なら、プロの翻訳会社に任せよう!

会社の違い翻訳会社にはどう違いがあるのかを説明していきます。まず会社に所属しているスタッフは、社内に常駐している人と、非常勤などの形態で雇用されていて基本的には社外にいる人に分けられます。
利用者から依頼がくると、その言語や内容によってアサインされるスタッフが判断され、文章を訳していくことになります。英語や中国語など、特に需要が高く依頼が多い言語の場合は翻訳ができる人材の確保が重要なので、担当スタッフは社内に常駐しています。
それに対して、社外にいる人というのは、マイナーな言語に対応するための非常勤スタッフや、提携して仕事を依頼するフリーランスの人間です。訳す記事の内容が専門的で、特殊な知識を必要とする場合などは、外部の提携スタッフから対応可能な人材を選んで仕事を回すこともあります。それによってコストを押さえつつ多様な仕事にも対応できる体制を整えているのです。
社外スタッフとは常にメールや電話で連絡をとっているので、急な依頼にもすぐに対応できるようになっています。これらのことは大抵どの会社でも共通で、大きな会社であれば抱えている人員も多くなります。記事のクオリティは、原語に対する知識や表現力、語彙などによる部分が大きいため、訳者の力量によって上下します。そのため業者では訳した後の文章をネイティブがチェックし、文章の間違いや違和感を修正しているところがほとんどです。したがってクオリティは一定の水準が保たれています。
会社によっては翻訳だけでなく通訳などの幅広いサービスを提供しているところもあります。自分が求めている内容があれば十分かもしれませんが、利用者によりよいサービスを提供しようとしている会社であればその内容も満足のいくものとなりやすいはずです。
複数に依頼するのも手日本にも多く訪れている中国人の翻訳をしてほしいと考えているならば、専門の会社を見つけるのがいいです。近年では中国の企業と提携して業務の拡大を図る日本の企業が増えています。その影響で中国語に対する需要は高まっているのです。中国企業との間で重要書類のやり取りをするような場面では、その内容が中国語で記載されていることは少なくありません。そういったやり取りをする回数は多いため、そのすべてを自分で訳すのは至難だといえます。
そのため、中国語を専門に訳してくれる会社を探すのがよいでしょう。探した会社に依頼するときには気をつけることがあります。ひとつは会社をひとつに絞って依頼しないということです。そのニュアンスは人や会社によっても変わってくるので同じ文章でも訳し方によって相手が抱く印象が全く違うということがあります。日本語は文字表現が豊かで、言い回しをひとつ変えるだけでもイメージは大きく変わります。
よって同じ書類でも、訳は複数の業者に依頼するとよいでしょう。そうしていくつかの書類を会社に持ち帰り、会社の意向に最も沿っているものを採用するとよいです。正確な書類を送ってくれた会社は、再び利用する可能性は高いです。会社によっては定期的に利用する企業に対して割引をしてくれるところもあり、書類が大量にあるのならば費用の節約にもつながります。もしも気に入った会社があれば割引サービスを行っているかどうか調べてみてもいいでしょう。また、依頼する会社によっては内容に明らかなミスがあった場合に料金が無料になる場合があります。また、ミスがあれば無料でやり直してくれる会社もあります。様々なケース企業の中国進出により、日本語・中国語の翻訳が必要となるシーンは近年ますます多くなってきています。

それ以外にも、通信技術の発達や交通の整備によって海外との取引は簡単になり、ビジネスでも観光でも海外とのやりとりをする機会は増えているのです。そのため、社内で中国語を理解できる人材がいなかった場合、書類や資料の翻訳を外部の業者に外注しなければなりません。外注の方法としては、専門の会社に依頼するか、専用のソフトを使用する二つの方法が一般的です。専門の業者に頼む場合、記事のクオリティは保証されるものの、コストがかかってしまい、納期についても余裕を持って依頼する必要があり、急ぎの仕事には対応しにくいというデメリットがあります。

一方、ソフトを使用した場合、作業にかかる時間は一瞬です。しかし機械的に翻訳が行われるため品質には疑問が残ります。専門の業者では、常に優秀な人材を抱えているため、人件費から一回当たりの料金コストも高くなる傾向がありました。しかし、ソフトのみに頼ると実際に正しい訳がされているのか、文章に不自然さはないのかなどの判断がつかず、正式な文書やお客様に見せるための資料には使いにくいという問題があります。そこで両者の問題点を解決する新しい手段として有用なのが、インターネットを利用して海外の翻訳者に直接仕事を依頼するという方法です。

海外では日本に比べて、本業を終えて家に帰ってきたあとにパソコンを使った副業をする方が多いです。こうした人たちの協力を仰ぐことで、コストを押さえつつ品質も高い翻訳記事を取得することができます。

ブログカテゴリ
コンテンツ一覧
  • ツイッター
  • 翻訳のすすめ

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-20-3
東栄神宮外苑ビル

無料お見積り
03-6447-0298

【営業時間】10:00~18:00(土日・祝日除く)

ページトップへ

お見積もりは無料です。お気軽に翻訳会社JOHOまでお問い合わせください。

電話番号:03-6447-0298
翻訳言語
英語 中国語 ドイツ語 韓国語 フランス語 タイ語 イタリア語 ベトナム語 スペイン語 多言語翻訳 ポルトガル語 ロシア語  国際特許出願
対応分野
法律・契約書 特許翻訳 機械・工業・技術 IT 不動産・建築 医学・薬学 教育・研修 金融・IR 映画・テレビ 観光・宿泊分野 公的証明書 ビジネス文書
企業情報
トップページ 価格表 JOHOの特長 翻訳者募集 お見積り 会社情報 プライバシーポリシー ご利用手順 サイトマップ
Language
日本語 English French 中文 Italiano Deutsch

閉じる