教育・研修分野の翻訳ならJOHO (教科書・教材、入学資料、研修用スライドなど)

教育・研修分野の翻訳

教育・研修分野におけるJOHOの特徴

JOHOでは、数多くの教材翻訳の実績がございます。分野は、語学参考書、数学、道徳の教科書などでございます。教材らしい言葉使いに心がけて翻訳をします。翻訳の後の校正には、最大の注意を払っております。

専門翻訳サービスの強み

教育・研修分野の翻訳

主に教材の翻訳となります。学校で使う教科書を翻訳する場合もございます。
学習を前提とした翻訳文を作成するので、わかりやすく滑らかな文体が求められます。
各種教材、雑誌、文系学術論文、教育サイトなどの翻訳は、多くの方の目に触れるものが多いため、特に洗練された言葉の選択が必要となります。

また、教育分野というと、「ひきこもり」に象徴される若年層の心理研究も含まれます。これは、社会現象であるとともに、心理学などの専門的な分野の知識が求められるものです。海外では、日本の教育内容だけでなく、教育における社会問題にも関心が寄せられています。
いい例が、「ひきこもり」です。日本国内のそのような研究結果を論文や記事にした場合に、翻訳が必要とされます。

教育・研修分野の取り扱い文書

こんな文書の翻訳が可能です

  • 学校要項
  • カリキュラムガイド
  • 入試要項
  • 入学資料
  • シラバス
  • 教科書・教材
  • WEBサイト
  • 学校案内

対応翻訳言語

教育・研修分野の翻訳料金例

教育・研修分野の翻訳料金の目安です。言語、文字量により変わります。
詳細な料金をお知りになりたい方は、無料お見積もりフォームよりご依頼ください。

翻訳料金の事例

指導要領資料
(A4 7ページ)2,073単語
英語からスペイン語 お見積金額 38,060円
教科書4冊
(A4 798ページ)318,594文字
日本語から英語 お見積金額 3,700,000円
研修用スライド
(A4 624ページ)39,766文字
日本語から英語+ポルトガル語 お見積金額 811,704円

教育・研修分野の翻訳に関するQ&A

  • 研修で使用するスライドを翻訳してほしいですが、相手に伝わりやすい翻訳をお願いしたいです。

    翻訳物の使用目的、用途をお知らせいただけましたら、そのシチュエーションや読み手に合わせて最適な翻訳を作成いたします。なお、実際にご使用いただきながら、フィードバックを元に修正や改訂もお手伝いさせていただいております。

  • 研修ビデオの翻訳をお願いしたいのですが可能ですか?

    可能です。最初に研修ビデオの書き起こし原稿を作成させていただき、その後に翻訳作業を行わせていただきます。研修ビデオからテキストや教材を制作される場合には、口語体の表現を適切に文語体に置き換え、ネイティブチェックをかけてご納品しております。また、テロップとして翻訳をご使用になられる場合には映像に合わせて文字数を調整した翻訳をご納品させていただくことも可能です。

  • 大量の教科書と指導要綱を複数の言語に翻訳して短期間に納品してもうことは可能ですか?

    はい、多言語への翻訳は弊社が最も得意とする業務です。同時並行で多言語翻訳の作業を進めることで、短期間にご納品することが可能です。

無料お見積もり・お問い合わせ