翻訳は、品質に定評のある
翻訳会社JOHOにおまかせ下さい。

英語翻訳のコラム

金融系書類における英語翻訳

金融業界の英語翻訳

金融系書類における英語翻訳

金融業界も国際化の波が訪れています。我が国に限らず、国際化は顕著です。国内だけなく、国外でもビジネスを展開するのが当たり前の時代に於いて英語翻訳は必須です。金融業界の場合、国際情勢を意識したビジネスはもちろんですが企業情報を扱う会社にとってビジネス書類の翻訳は必須です。
顧客となるのは国内の企業だけではありません。書類等を英語翻訳することで英語圏の企業へのアピールになります。結果、ビジネスの幅が広がります。経済成長が著しい国も多くあるため、英語翻訳による企業紹介等は金融業界に於いては必須です。結果、一方では正確性も求められます。日常会話であればニュアンスが伝わればコミュニケーションが可能ですが、ビジネスの場合ニュアンスではなく、正しい言葉使いや文法が求められます。微妙な言葉使いの違いが誤解を生み、軋轢を生むケースもあります。専門用語も多い金融業界なだけに、専門の知識を持ったスタッフによる翻訳が望ましいです。
間違いが許されない環境で専門用語が当たり前のように行交う業界です。英語翻訳をどこに依頼するかによってビジネスそのものに大きな支障をきたすことになるリスクもあります。

金融業界の英語翻訳の難しさ

具体的に金融業界でどのような書類の英語翻訳が行われているのでしょう。まずは銀行、証券、金融商品説明書です。こちらは金融業界にとって名刺代わりです。自分たちがどのような仕事を行っているのかを説明するための翻訳です。金融商品に関しては専門用語が多くとても重要な部分であり、間違いは許されません。どのような商品を扱っているのかが顧客へのアピールになるからです。 アナリストレポートや投資家レポートの翻訳も行われています。これらは実際にどのような顧客がいるのか、金融情勢をどのように見ているのかをアピールするため、顧客が金融機関を判断する良い材料となります。決算報告書や財務諸表、有価証券報告書、企業分析報告書も同様です。これらは単純な会社紹介だけではなく、顧客にとっての判断材料です。財務諸表を見ればどのような経営状態なのかが分かるため、こちらの翻訳もミスが許されません。
もし先に挙げた企業を紹介する書類の英語翻訳を間違えた場合、大問題に発展しかねません。相手企業にとっては翻訳された書類が判断材料ですが、判断材料が間違えていたら自らの印象が悪くなるだけではなく、相手企業からの信頼も損ねます。そうならない為にも信頼できる英語翻訳の会社に依頼しましょう。

ブログカテゴリ
コンテンツ一覧
  • ツイッター
  • 翻訳のすすめ

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-20-3
東栄神宮外苑ビル

無料お見積り
03-6447-0298

【営業時間】10:00~18:00(土日・祝日除く)

ページトップへ

お見積もりは無料です。お気軽に翻訳会社JOHOまでお問い合わせください。

電話番号:03-6447-0298
翻訳言語
英語 中国語 ドイツ語 韓国語 フランス語 タイ語 イタリア語 ベトナム語 スペイン語 多言語翻訳 ポルトガル語 ロシア語  国際特許出願
対応分野
法律・契約書 特許翻訳 機械・工業・技術 IT 不動産・建築 医学・薬学 教育・研修 金融・IR 映画・テレビ 観光・宿泊分野 公的証明書 ビジネス文書
企業情報
トップページ 価格表 JOHOの特長 翻訳者募集 お見積り 会社情報 プライバシーポリシー ご利用手順 サイトマップ
Language
日本語 English French 中文 Italiano Deutsch

閉じる