翻訳は、品質に定評のある
翻訳会社JOHOにおまかせ下さい。

スペイン語翻訳のコラム

証明書におけるスペイン語翻訳

公的証明書とスペイン語翻訳

証明書におけるスペイン語翻訳

公的証明書とは公的な機関に提出する書類のことを指しています。代表的なところでは戸籍や登記簿、婚姻届けなどが挙げられますが、近年ではグローバルにビジネスを展開する日本企業も増加傾向にあり、海外の役所に提出するための書類を作成する必要性にも迫られるシーンもあることでしょう。しかし、日本の公的証明書やシステムは独特とも言われているため、海外ではそのまま通用しないケースも珍しくありません。公的証明書の場合はその国の言語に対応した翻訳書類を添付しなくてはならない場合が多いため、日本で取得した公的証明書を海外の役所に提出できるように準備しなくてはなりません。
スペインを含むラテンアメリカエリアで主に用いられている言語はスペイン語ですが、もしスペイン語を公用語として使用している国で生活を送るとなるとスペイン語翻訳した公的証明書も必要となります。日本において、スペイン語はなじみの深い言語とではありませんが、スペイン語を主要言語としている国は非常に多く存在します。英語やフランス語、アラビア語などに次いで世界で4番目に多い言語だと言われています。この事実からもスペイン語翻訳の必要性は十分理解できるでしょう。

翻訳はプロに依頼する

公的な証明書と一口に言っても実にさまざまな種類が存在しています。先ほどご紹介した登記簿や婚姻届けはもっともポピュラーなものですが、ほかにも免許証や委任状、印鑑証明書、出生届、在職証明、残高証明など実にさまざまな証明書類が存在しています。スペイン語を公用語として使用している国、地域で生活を送るためには役所に複数の書類を提出しなくてはなりません。そのためには正規の雛形に合わせ、スペイン語翻訳された書類も添付しなくてはなりません。しかし、そうは言っても個人の力でスペイン語の翻訳などはそう簡単にできるものではないのが現実です。
日常会話程度のスペイン語ができるレベルでは、到底証明関連書類の翻訳は難しいと言えるでしょう。公的な書類にはさまざまな専門用語も登場しますし、ハイレベルな翻訳技術が必要となります。また、海外の文化などにもある程度精通していないと役所で認められる翻訳書類を作成することは難しいのではないでしょうか。基本的にこれらの役所に提出する証明関連書類については、プロに翻訳を依頼することが基本となります。素人レベルの翻訳では役所に提出しても受理してもらえない可能性が高く、その道に精通したプロフェッショナルに翻訳を依頼する方が得策と言えるでしょう。

ブログカテゴリ
コンテンツ一覧
  • ツイッター
  • 翻訳のすすめ

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-20-3
東栄神宮外苑ビル

無料お見積り
03-6447-0298

【営業時間】10:00~18:00(土日・祝日除く)

ページトップへ

お見積もりは無料です。お気軽に翻訳会社JOHOまでお問い合わせください。

電話番号:03-6447-0298
翻訳言語
英語 中国語 ドイツ語 韓国語 フランス語 タイ語 イタリア語 ベトナム語 スペイン語 多言語翻訳 ポルトガル語 ロシア語  国際特許出願
対応分野
法律・契約書 特許翻訳 機械・工業・技術 IT 不動産・建築 医学・薬学 教育・研修 金融・IR 映画・テレビ 観光・宿泊分野 公的証明書 ビジネス文書
企業情報
トップページ 価格表 JOHOの特長 翻訳者募集 お見積り 会社情報 プライバシーポリシー ご利用手順 サイトマップ
Language
日本語 English French 中文 Italiano Deutsch

閉じる