新着情報

対応分野

需要が高まる動画翻訳の基本ルールやコツとは?

2022年10月07日

急速に高まる動画翻訳の需要の背景

2022年現在、動画を配信するプラットフォームが増え、世界中の多くの人がPCやスマホ、タブレットを用いてアプリをダウンロードし利用しています。
グローバル化が進んだことで製品やサービスのPRや説明、イベントやセミナー等をYoutube等を使用して、動画で発信する会社や個人が海外の視聴者向けに制作をしたり、海外で制作された映像コンテンツを国内向けに加工するといった事例も増加しています。
その中で急速に需要が高まっているのが、それらの動画に翻訳を行い字幕をつける作業です。
そこで今回の記事では、動画の翻訳の特徴や字幕翻訳の基本ルール、そして動画を翻訳する際のコツについて紹介します。

動画翻訳は多言語化が求められている

世界に動画コンテンツの人気を広めるきっかけとなったYoutubeを例に挙げると、現在、Youtubeのユーザーはなんと世界で20億人を超えているそう。これは全インターネット人口の内、1/3に相当する数です。
つまり動画を作成し発信するということは、これだけの数の世界の人々に向けて発信することができ、それだけ認知してもらう機会を増やすことが出来る最大の方法ということになります。
また他の言語、できれば多言語で翻訳することで、そのチャンスを更に広め効果を高めることが可能となります。

動画翻訳はマーケティング戦略にも影響大

現在は様々な分野の広告さえも動画となり、目にする機会が増えました。実際に企業のマーケティング担当者の多くが動画を活用し、サイトへの流入が増え、それが直接的に売上アップに貢献していると言います。動画はシェアされやすいという性質もあり、費用対効果も高いのです。
更に他の言語で翻訳された動画は海外からもタイトルや内容から検索にヒットしやすくなり潜在顧客に情報を提供することができる為、マーケティング戦略に大きな影響を及ぼします。

動画の翻訳は吹き替え?字幕?

動画の翻訳には吹き替えと字幕の二つに分けられますが、SNSを利用する多くのユーザーは音声なしで再生しているというデータがあります。そのため、動画翻訳は字幕の需要が圧倒的に高く重要なのです。
それではより質の高い的確なメッセージを伝えられる字幕を作成するためにはどうしたら良いのしょうか?
それにはソースとなる言語とターゲットの言語の両方の言語、更には両方の国や地域の文化に精通した翻訳者に依頼することが重要となります。

字幕翻訳の基本ルール

日本語の字幕翻訳には、いくつかルールが存在しています。その中の基本となるルールを以下に紹介しましょう。
・1秒当たりの文字数は4文字(英語の場合は1秒あたり12文字が標準)
・1行あたり最大13文字
・1画面に表示する字幕は2行まで
・表示時間は最大6.5秒まで
・句読点は使わない(読点は半角、句点は全角を空ける)
動画の翻訳を行う際、これらのルールを守って字幕をつけてみましょう。

質の高い動画翻訳を行うためのコツ

動画翻訳を行っても、伝えたいメッセージが視聴者に伝わらないものであれば意味がありません。Youtube等には幾つかの言語に対応し選択した言語で自動で翻訳を表示する機能も搭載され、自由に設定することができますが、やはり”文字起こし”であるため意味が分かりにくい文章になってしまいます。
そこで視聴者にメッセージが伝わりやすく質の高いコンテンツにするためのコツを幾つか紹介します。

簡潔な表現で伝わりやすく

性別などに応じて語尾を変えることは翻訳の初心者の方に多く見られますが、動画翻訳ではこのようなことはせず「です・ます」等シンプルな表現に留めましょう。

非言語メッセージ補完で表現力アップ

書籍の翻訳と異なり動画の場合は視覚(映像)と聴覚(音声)からも内容を理解することが出来ます。そこで字幕では視覚で得られる情報を省き、伝えたい文言をより簡略に言い換える非言語メッセージでの補完という手法を用いると表現力が高まります。

状況に応じた言葉の言い換え

英語圏では共通認識となっている背景の知識や文脈でも、日本人には分かりにくいニュアンスがあります。このように、原文の直訳では意味が伝わらないケースは少なくありません。そのため、意図をできるだけ正確に伝える為に、必要最小限の補足を追加したり、あえて別の表現に言い換えることも必要です。

動画の翻訳もJOHOなら多言語対応が可能です

翻訳会社JOHOでは、これまでに数多くの映像に関わる翻訳をサポートしてまいりました。
ただ翻訳をするのではなく、映像、動画の翻訳ならではの想像力を働かせた作業を心がけています。
映画やテレビ番組、動画への字幕だけではなく、吹き替え台本用の翻訳も行っています。
また、企業のPR動画等の場合、専門性が求められるような分野がございますが、金融や経済、法律等に対する専門知識を持つ翻訳者が多く在籍しているのもJOHOの大きな特徴です。言語だけでなくそれぞれの翻訳者が文化に精通し専門分野を持っていますので、より完成度の高い翻訳を行うことが可能です。もちろんコンテンツの特性上、情報の流出防止対策も徹底しております。
JOHOは多言語翻訳会社です。英語はもちろん、中国語、フランス語など世界の幅広い言語に対応しています。すべての翻訳に対してネイティブによるチェックが入りますので、安心してお任せいただければ幸いです。
会社の概要やサービスの詳細をご覧いただき、ご不明な点や相談がございましたらどうぞお気軽にお問合せ下さい。お見積りは無料です。

無料お見積もり・お問い合わせ