翻訳は、品質に定評のある
翻訳会社JOHOにおまかせ下さい。

スペイン語翻訳のコラム

経済分野でのスペイン語翻訳

スペイン語の需要や重要性

経済分野でのスペイン語翻訳

イスパニア語と聞いてもピンとこないかもしれませんが、イスパニア語というのは要するにスペイン語のことを指しています。スペイン語など聞いたことがない、どのような言語なのか想像ができないという方もいらっしゃるかもしれませんが、スペイン語は比較的メジャーな言語の一つと言えるのです。英語やアラビア語と並んでよく使われている言語の一つであり、近年では新興国ビジネスによってスペイン語の需要は、ますます高まりつつあります。現在では、中国語やポルトガル語に匹敵するほどスペイン語が重宝されるようになったのです。
日本でもまだ発展の著しい新興国への売り込みをかけている企業は数多く存在しますし、新たなビジネスチャンスを求めて新興国ビジネスに着手する企業も増えています。特に自動車業界などはその動きが顕著であり、さまざまな自動車メーカーが中南米の新興国に注目しています。中南米のようなスペイン語が使用されている国々で、企業が経済活動を続けるにあたってスペイン語が必要となるのは当然のことであり、スペイン語翻訳の必要性も今後高まっていくと言えるでしょう。これからも中南米をはじめとする新興国の発展はしばらく続く可能性があるため、現地での経済活動を活性化させるためにも、スペイン語の習得やスペイン語翻訳スキルが求められると考えられます。

経済活動を活発化させるスペイン語翻訳

今後新興国をビジネスの対象として考えるのであれば、スペイン語が必須となるのは当然のことでしょう。例えば工場などで使用する製品マニュアルを日本語版からスペイン語版へと翻訳しないと意味を成さず、経済活動を活発化させることはできないでしょう。製造業に携わる企業でスペイン語圏への進出を検討しているのなら、今後は製品マニュアルやサービスマニュアル、保守マニュアルなどのスペイン語翻訳が絶対的に必要となります。
スペインや中南米各国において、小売業を展開するにあたってもスペイン語への翻訳は必要でしょう。企業によって販売促進の方法は異なりますし、店舗での販売マニュアルなどを作成している企業もあることでしょう。販売マニュアルを定めることによって、すべての従業員が適切な対応を取ることができますし、小売ビジネスにおいて販売マニュアルは絶対に必要です。スペイン語を公用語とするような国で小売りビジネスを展開するのなら、日本語で記述されている販売マニュアルをきちんと現地の言葉で理解できるように翻訳しないといけません。当然翻訳には現地の文化や歴史にもある程度精通している必要があります。

ブログカテゴリ
コンテンツ一覧
  • ツイッター
  • 翻訳のすすめ

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-20-3
東栄神宮外苑ビル

無料お見積り
03-6447-0298

【営業時間】10:00~18:00(土日・祝日除く)

ページトップへ

お見積もりは無料です。お気軽に翻訳会社JOHOまでお問い合わせください。

電話番号:03-6447-0298
翻訳言語
英語 中国語 ドイツ語 韓国語 フランス語 タイ語 イタリア語 ベトナム語 スペイン語 多言語翻訳 ポルトガル語 ロシア語  国際特許出願
対応分野
法律・契約書 特許翻訳 機械・工業・技術 IT 不動産・建築 医学・薬学 教育・研修 金融・IR 映画・テレビ 観光・宿泊分野 公的証明書 ビジネス文書
企業情報
トップページ 価格表 JOHOの特長 翻訳者募集 お見積り 会社情報 プライバシーポリシー ご利用手順 サイトマップ
Language
日本語 English French 中文 Italiano Deutsch

閉じる