翻訳は、品質に定評のある
翻訳会社JOHOにおまかせ下さい。

翻訳マネージャーコラム

研修マニュアル・カリキュラムの翻訳の必要性

日本の外国人雇用の現状

グローバル化の影響と人口減少の両方が合わさって、日本政府は外国人雇用や外国人の在留資格に関する法律を変更し、技能実習生をはじめとする外国人の受け入れを増やす意向をしめしました。この新しい法案が成立されれば、今後もっと多くの外国人が日本へ働き手として入ってくることが予想されております。現在もすでに、漁業や農業などでは外国人雇用が大幅に増え、飲食業でも外国人が過半数を占める店舗も出始めており、日本の「外国人依存」は加速しています。その一方で、高度技術を持つ外国人にとっては日本はアジアの中で最も魅力のない国に位置付けられており、優秀な外国人人材が入ってこないという問題にも直面しています。それには雇用形態や給料形態、労働環境など様々な原因が考えられますが、言語の壁の問題もその一つでしょう。日本企業の多くは外国人労働者に高い日本語能力を条件にしており、英語をはじめとした諸外国語での雇用受け入れ体制は整えられておりません。やみくもに外国人を受け入れるべきとは言い難いですが、優秀な外国人人材が他のアジアの国々にとられ、経済的に後れを取ることも日本にとって大きな痛手となります。 

研修マニュアルおよびカリキュラムの諸外国の翻訳の必要性

今後外国人労働者の人口は大幅に増えることが見込まれ、また外国人に頼らざるを得ない業種が増えているのも現実です。政府は特に単純作業を主にする職種に関しての外国人雇用の増加を打ち出したばかりです。一般的に外国人労働者はある程度の日本語能力を持って来日しますが、それでも言葉の壁を感じ、コミュニケーションで不便を覚える外国人は多いようです。外国人を雇う企業は、外国人労働者が置かれている現状を把握し、彼らの生の声を反映して受け入れ体制と準備を整える必要があります。雇用準備で言うと、研修期間に使用するマニュアルなどがその一例です。来日する外国人労働者の日本語能力は様々です。会話が上手でも読み書きが苦手な人もいれば、日本語は初級レベルの人もいます。非漢字圏から来た人々にとっては、難しい漢字が羅列した日本語のマニュアルを読み、企業理念や就業中の注意事項などを完全に理解することは大変困難です。彼らの母国語すべてとはいかなくても、できるだけ母国語で研修マニュアルを翻訳し用意しておくことが求められます。

研修マニュアル・カリキュラム翻訳における注意点

研修マニュアル等の翻訳と一言で言っても、ただ日本語で書かれた文章を諸外国語にそのまま訳せばいいというものではありません。日本人向けに書かれたマニュアルは、基本的に日本の一般常識・文化的背景知識・倫理などを身についていることを前提に書かれているでしょう。例えば飲食業のマニュアルで、業務前の手洗いや、掃除を行い職場を綺麗に保つのが何故重要なのかわざわざ説明しなくても、それらは当然のことと日本人は理解しているので、「手洗いをしましょう」の文言で十分です。しかし、衛生面における常識や意識は各国で異なります。外国人労働者がどの国と文化背景から来日したのかを考慮し、彼らの母国語および第二言語でマニュアル等を作成する場合は、こと細やかな説明や概念も十分に説明した文章を付け足すなどの配慮が必要となるでしょう。

また工場などで勤務する製造業では、工場内で注意しなければいけない安全面でのマニュアルが覚えきれないほどありますし、企業によっては専門用語も多く存在します。それらを日本語からただ単純に訳したマニュアルを渡すだけでは十分ではありません。外国人労働者を雇う企業は彼らの安全面を保証し守らなければいけません。安全面に関するマニュアルの翻訳では、何故、どんな時に何をしたら危険なのかを誤解することなく理解できるものでなければならず、それは企業の責任です。彼らの日本語力にあぐらをかく、もしくは外国語で翻訳しておけばとりあえず大丈夫などという態度を取ることなく、真摯に翻訳作業を行う必要があります。

研修マニュアル・カリキュラムの翻訳はプロへ

外国人労働者の人口が増え続けることが予測される今、研修マニュアル等の諸外国語への翻訳をし、受け入れ態勢を整えることが企業に求められています。企業側は、外国人との文化の違いを配慮し、彼らの母国語もしくは第二言語で研修マニュアルを翻訳し、外国人労働者が業務内容、会社のルール、工場などでの安全面での注意事項を理解し、スムーズに業務にが入れるようサポートしなければいけません。以上のことを考慮すると、各言語が話されている国や文化の背景知識を把握しているプロの翻訳家がいる会社にマニュアルの翻訳を依頼することが必須であることは言うまでもありません。また外国人労働者はアジアを中心とする様々な国から来日し、世界共通語とみなされている英語を話すともかぎりません。英語や中国語などのメジャーな言語のみだけでなく、アジア各国の言語やマイナー言語に精通した翻訳家がいる翻訳会社に依頼し、外国人労働者の受け入れに対応していくことが求められるでしょう。

 

 

ブログカテゴリ
コンテンツ一覧
  • ツイッター
  • 翻訳のすすめ

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-20-3
東栄神宮外苑ビル

無料お見積り
03-6447-0298

【営業時間】10:00~18:00(土日・祝日除く)

ページトップへ

お見積もりは無料です。お気軽に翻訳会社JOHOまでお問い合わせください。

電話番号:03-6447-0298
翻訳言語
英語 中国語 ドイツ語 韓国語 フランス語 タイ語 イタリア語 ベトナム語 スペイン語 ポルトガル語 ロシア語 チェコ語翻訳 ポーランド語翻訳 ベラルーシ語翻訳 ウクライナ語翻訳 デンマーク語 フィンランド語 スウェーデン語 アラビア語翻訳 ヒンディー語翻訳 インドネシア語翻訳 多言語翻訳 国際特許出願
対応分野
法律・契約書 特許翻訳 機械・工業・技術 IT 不動産・建築 医学・薬学 教育・研修 金融・IR 映画・テレビ 観光・宿泊分野 公的証明書 ビジネス文書
企業情報
トップページ 価格表 JOHOの特長 翻訳者募集 お見積り 会社情報 プライバシーポリシー ご利用手順 サイトマップ
Language
日本語 English French 中文 Italiano Deutsch

閉じる