翻訳は、品質に定評のある
翻訳会社JOHOにおまかせ下さい。

翻訳マネージャーコラム

英語翻訳を依頼する方法

英語翻訳を依頼する方法

英語翻訳を依頼する方法

依頼の手順英語翻訳の依頼をしたいというときにいったい何から始めればいいのかわからないことがあります。翻訳業者といっても、学校や会社のような法人で利用するものだと思われがちです。
しかし、実際には個人での依頼も多いのが現実です。そこで依頼をするときに一体どうすればいいのかを紹介していきます。業者に依頼する場合には見積もり依頼というものがあります。こちらでは知人からの紹介やネットでの検索で複数の業者を調べて、その中から翻訳を依頼する業者を選んで見積もりを依頼します。見積もり依頼の方法は様々ありますが、ウェブサイトから専用フォームを使って依頼をしたり、メールで直接問い合わせをします。この方法は業者によって異なる場合があります。翻訳する原稿を一緒に送れば、見積もりもより具体的な金額を知ることができます。各業者の見積もりがそろい次第、次は比較検討を行います。スタッフの対応はどうだったか、料金は予算に収まっているかなど依頼者の希望に添っている英語翻訳業者を選ぶとよいです。
業者が決まれば次は申し込みです。あとは英語翻訳されるのを待つだけです。もしも、参考となりそうな論文や資料があればそれらも一緒に送れと作業はスムーズに進みやすいです。翻訳が仕上がればメールなどで翻訳された原稿が納品されます。
その後も質問があれば随時問い合わせてみるとよいです。アフターフォローには無料のところと有料のところがあるので、ここは事前に調べる段階で判明させておくとよいです。英語翻訳業者は、一体どんな特徴や得意分野があるのかはサイトを見るだけではわかりません。気になる点があれば電話やメールなど使えるものをフルに使って解消した方が後々後悔しない依頼になります。料金の計算方法英語翻訳の依頼をするときには、クオリティにこだわることも大切ですが、値段も重視すべきポイントです。依頼を検討する前にある程度の相場を把握しておくと予算を考えるうえで有益になります。

英語翻訳を外注で依頼した場合、料金の計算方法は2つあります。
一つは「出来高制」、もうひとつが「原語カウント制」です。前者の出来高制は、昔から使われている基本的な方法で、原稿用紙1枚当たりの単価が決められており、翻訳した原稿が400字詰めの原稿用紙何枚分になったかで料金が決まります。日本語の文章を英語などの翻訳であれば、180個から200個の単語が書かれたA4用紙が何枚になるかで計算されます。
もう一つの原語カウント制は、翻訳後ではなく、翻訳する前の原語のボリュームによって料金を算出する方法です。つまり、英語から日本語への翻訳の場合、英単語が何語あるかが基準となります。文字数で料金を決定する出来高制では実際に記事が完成するまで料金はわからないのに対して、この方法なら料金算定が楽なため原語カウント制を採用している業者は多いです。単価は依頼する業者によって異なり、フリーランス翻訳者へ依頼するとコストを低く抑えられます。
また、日本語から英語への翻訳では少し値段は高くなりますし、案件の難易度によっても違いがあります。そして、急ぎの用事では追加料金が発生することがあります。世界的にも多く使われている英語は翻訳者の数が多いので、料金もある程度安定しています。業者と算定方法、この二つを重点的に比較して英語翻訳業者を選んでみるとよいでしょう。
注意しておきたいポイント海外にビジネスを発展させるためなど英語翻訳を利用する用途は人それぞれです。言語が異なる相手との理解がすれ違ってしまうことを避けるためには正確な翻訳は必須です。専門の翻訳業者に依頼するにしても事前にある程度の知識は必要です。
しかし、翻訳会社を利用するにあたって初めての方はその知識がない方がほとんどです。

そこで翻訳発注をする際の注意点をいくつか紹介します。
まず、期日納期をしっかりと打ち合わせるようにしましょう。期日納期をしっかりと話し合っておくことで納期に余裕を持たせることもできます。そうなれば翻訳の品質も高いものとなりやすいです。依頼する案件が難しいものであっても打ち合わせをしっかりとすることで少しでも遅れる可能性を減らすこともできます。そのほかにも原稿と翻訳を並行して行うことは少なからずあります。
しかし、そのような方法ではむしろコストがかかってしまうことになります。途中の段階でミスに気づけば修正ができるメリットがあるかもしれませんが、仕上げの段階でもミスが発生した場合に修正作業に手間取ってしまい、かえってコストがかかる事態になってしまいます。よって、翻訳を始める前に元となる原稿は完成させておくことを忘れないようにしましょう。それによってクオリティの高いものが期待できます。そして次に求めている翻訳調を伝えることです。これは、翻訳発注をする上では重要なポイントになります。翻訳調の希望を伝えることで満足のゆく翻訳原稿を受け取ることができます。これらのポイントは英語翻訳を依頼するうえで重要です。事前に知識として身につけるとよいです。

ブログカテゴリ
コンテンツ一覧
  • ツイッター
  • 翻訳のすすめ

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-20-3
東栄神宮外苑ビル

無料お見積り
03-6447-0298

【営業時間】10:00~18:00(土日・祝日除く)

ページトップへ

お見積もりは無料です。お気軽に翻訳会社JOHOまでお問い合わせください。

電話番号:03-6447-0298
翻訳言語
英語 中国語 ドイツ語 韓国語 フランス語 タイ語 イタリア語 ベトナム語 スペイン語 多言語翻訳 ポルトガル語 ロシア語  国際特許出願
対応分野
法律・契約書 特許翻訳 機械・工業・技術 IT 不動産・建築 医学・薬学 教育・研修 金融・IR 映画・テレビ 観光・宿泊分野 公的証明書 ビジネス文書
企業情報
トップページ 価格表 JOHOの特長 翻訳者募集 お見積り 会社情報 プライバシーポリシー ご利用手順 サイトマップ
Language
日本語 English French 中文 Italiano Deutsch

閉じる