翻訳は、品質に定評のある
翻訳会社JOHOにおまかせ下さい。

翻訳マネージャーコラム

11月は9番目の月?言語による月の数え方

言語によって月の数え方は異なる?

eric-rothermel-FoKO4DpXamQ-unsplash

10月を意味する「October」という月名を見て、「どうして10月なのに、8を意味するOctという文字列なのだろう?」と疑問に思ったことはありますか?実は英語の月名は古代ローマのこよみに由来していることから、月名が現在の月の数え方と異なります。

現在では、日本語でも英語でも1年の始まりは「1月」ですし、言語によって月の数え方が異なるということはありません。しかし、古代ローマ時代にさかのぼってみると、月の数え方が異なること、そしてそのこよみが現在の月名に残っていることが分かります。今回の翻訳コラムでは、英語とスペイン語の月名と月の数え方を紹介します。

英語

英語の月名は、「古代ローマのこよみ」に由来しています。英語を学習する際に、「9月は、September」「10月は、October」……など、何も考えずに暗記していたという人が大半だと思いますので、これらの月名が古代ローマのこよみに由来していることを知っているという人は少ないかもしれません。

もちろん現代では、日本と同様に1月を1年の始まりとした12ヶ月で月を数えますが、古代ローマ時代の「ロムルス歴」では、1年は3月から始まり、合計10ヶ月と考えられていました。1月と2月は冬の期間とし、1年に含まれていませんでした。

  • 3月 March→Martius 
  • 4月 April→Aprilis
  • 5月 May→Maius
  • 6月 June→Lunius 
  • 7月 July→Quintilis
  • 8月 August →Sextilis
  • 9月 September→September
  • 10月 October→October 
  • 11月 November→November
  • 12月 December→December

左側が現在の英語の月名で、右側が古代ローマで使われていた月名です。これらの月名は、一見何の意味も成さないように見えますが、実は3月〜6月は軍神や女神などに由来した名称となっています。そして、7月〜12月の月名に関しては、古代ローマでの月の数え方がそのまま月名として使用されています。

    • 7月 Quintilis(5番目の月)
    • 8月 Sextilis(6番目の月)
    • 9月 September(7番目の月)
    • 10月 October (8番目の月)
    • 11月 November(9番目の月)
    • 12月 December(10番目の月)

分かりやすいように、8番目の月「October」を例にとって考えてみましょう。英語には、「Prefix(プレフィックス)」と呼ばれる接頭辞が存在します。プレフィックスとは、文字列の先頭に付けられる特定の文字のことで、たとえば「Unfortunate(不幸)」の先頭についている「un」には否定の意味が含まれています。8番目の月という意味を持つ「October」のプレックスである「Oct」は「8」を意味しています。足が8本のタコは英語で「Octopus」、八角形は英語で「Octagon」……と、どれも先頭に「8」を意味する「Oct」が付いていますよね。

そして、後に導入された「ヌマ歴」により1年に1月(Ianuarius)の2月(Februarius)が追加され、現在と同じ方法で月を数えるようになりました。しかし、英語の月の名称には、ローマ時代の月の数え方がそのまま残っています。

スペイン語

スペイン語の月名は、ローマ神話の神やラテン語に由来しています。英語と異なり、7月と8月にはラテン語の名前が用いられていますが、9月以降は英語の月名と似ているのが分かっていただけると思います。

  • 1月 Enero(古代ローマの神)
  • 2月 Febrero(月の神)
  • 3月 Marzo(軍神)
  • 4月 Abril(1年の始まりを表す)
  • 5月 mayo(豊穣の女神)
  • 6月 Junio(最高神の妻)
  • 7月 Julio(ユリウス・カエサル)
  • 8月 Agosto(ローマ皇帝)
  • 9月 Septiembre(7番目の月)
  • 10月 Octubre(8番目の月)
  • 11月 Noviembre(9番目の月)
  • 12月 Diciembre(10番目の月)

7月と8月は、もともと英語のように「〇番目の月」という名称が用いられていましたが、例えば8月は初代ローマ皇帝の誕生月であったことから、自らの名前に改名させたとされています。

外国語文書の翻訳はプロの翻訳会社へ

今回の翻訳コラムでは、英語とスペイン語を例にあげて、月名と月の数え方について考えてみました。英語やスペイン語の月名は、古代ローマ時代の月の数え方に大きな影響を受けていることが分かっていただけたと思います。

外国語の文書の翻訳を検討されている方は、プロの翻訳会社への依頼がおすすめです。JOHOには、さまざまな言語のネイティブスピーカーが翻訳者として在籍しています。翻訳を検討している文書があるようでしたら、まずは一度お気軽にご相談ください。

ブログカテゴリ
コンテンツ一覧
  • ツイッター
  • 翻訳のすすめ

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-20-3
東栄神宮外苑ビル

無料お見積り
03-6447-0298

【営業時間】10:00~18:00(土日・祝日除く)

ページトップへ

お見積もりは無料です。お気軽に翻訳会社JOHOまでお問い合わせください。

電話番号:03-6447-0298
翻訳言語
英語 中国語 ドイツ語 韓国語 フランス語 タイ語 イタリア語 ベトナム語 スペイン語 ポルトガル語 ロシア語 チェコ語翻訳 ポーランド語翻訳 ベラルーシ語翻訳 ウクライナ語翻訳 デンマーク語 フィンランド語 スウェーデン語 アラビア語翻訳 ヒンディー語翻訳 インドネシア語翻訳 多言語翻訳 国際特許出願
対応分野
法律・契約書 特許翻訳 機械・工業・技術 IT 不動産・建築 医学・薬学 教育・研修 金融・IR 映画・テレビ 観光・宿泊分野 公的証明書 ビジネス文書
企業情報
トップページ 価格表 JOHOの特長 翻訳者募集 お見積り 会社情報 プライバシーポリシー ご利用手順 サイトマップ
Language
日本語 English French 中文 Italiano Deutsch

閉じる