翻訳は、品質に定評のある
翻訳会社JOHOにおまかせ下さい。

翻訳マネージャーコラム

ビジネス翻訳のトラブルにおいて注意する点は?

ビジネス翻訳のトラブルを避けるためには

ビジネス翻訳のトラブルにおいて注意する点は?

日常的な会話は問題なくこなせたとしても、いざ外国の方とお仕事をすることになれば、伝えたいことや説明したい内容を頭のなかだけで翻訳できる人は、そう多くはありません。
それが単純なメールなどの応対だけであればなんとかなるかもしれませんが、大事な商談に使う資料や、締結する契約書の内容作成など、決して間違うことが許されない場面に直面することも多々あるでしょう。

今回はそんなときに活躍する「翻訳会社」について、詳しくお伝えします。

1. 翻訳サイトはビジネス翻訳に使える?

英語や多言語の文章を翻訳する必要に迫られた場合、まず頭に思い浮かぶのは「翻訳サイト」の存在でしょう。
インターネットが普及した現代では、有償のものから完全無料のものまで様々なホームページが開設されていますから、ほとんどの人は一度や二度は利用したことがあるのではないでしょうか?
しかし、いざ翻訳サイトを使ってみると、どうしても自分が調べたい言い回しが載っていなかったり、翻訳された文章を渡しても、相手にその意図するところが伝わらなかったりするものです。
これは私たちの母国語「日本語」の特性が大きく関係しています。

日本語という言語は、世界から見てもかなり特殊な言語です。
同じひとつの内容を伝える場合であっても、比喩表現や暗喩、倒置法などの文法的な表現に加え、相手との関係性によって変化する敬語、語調といったニュアンスなど、様々な観点からその印象が変化していきます。
ですが、英語をはじめとする海外の言葉のほとんどは、皮肉めいた冗談こそあるものの、基本的には言いたいことをストレートに相手に伝える文体です。
そのため、日本語と英語のように性質の大きく違う言語の場合、機械的な英語翻訳ではどうしても意図するところを汲み取れず、一部の内容を除外してしまったり、場合によっては内容そのものを大きく歪曲させてしまうのです。

2. ビジネス翻訳で起こりうるトラブルとは?

ビジネスにおいて最も大きな問題となるのは、契約書やマニュアルなどの英訳、和訳です。
契約書というものは、その性質上どうしても細々とした説明が多くなってしまうため、本筋を崩さないよう気をつけながら、注釈として補足を加えていくことは難しくなります。
たとえば、海外の建物の施工を自身が引き受けることになったとします。
日本人同士であれば、お互いある程度ざっくりとした説明であってもその工法や価格、使用する機材などについて、共通認識を持つことができるでしょう。
ところが、同じ説明を海外の方を相手にしなければならなくなったとき、当たり前のように使っていた機材の名前、工法の名前を一つひとつ調べ上げ、訳していかなければなりません。
さらには依頼された内容が何らかの法律に抵触するような場合には、日本語ですらきちんと説明できるかどうかといった専門的な内容を調べたうえで、それを英訳して伝えなければならない……といったケースも考えられるでしょう。

もちろん、これは一部の業界に限ったことではありません。
新たに海外の企業との提携が決まり、査察も含めて自分たちの事業内容を聞かせてほしいと頼まれた場合、事業案内だけでなく、一つひとつの作業についてのマニュアルも英訳しておく必要が出てくるでしょう。
どのような業界にも、決して破ってはならないタブーというものが存在するはずです。
もし自身の説明が上手く伝わらず、誤解のまま実行されてしまい、大事故につながってしまったとしたら……。
逆に、商談相手から受け取った契約書の内容を自ら和訳し、破格の条件に飛び付いた結果、想定とは全く違う契約形態になってしまっていたり、場合によっては身に覚えのない言いがかりをつけられ、莫大な違約金を請求されてしまったり……。
そのときは「大丈夫だと思った」としても、実際にトラブルに巻き込まれてしまえば、全ては後の祭り。
最悪の事態を避けるためにも、ビジネスの世界では内容を正確に相手に伝えられる翻訳精度が求められるのです。
そこで活躍するのが、「翻訳会社」という存在です。

3. 翻訳のプロフェッショナル「翻訳会社」

「翻訳会社」とは、文章の英訳や和訳をはじめとする様々な言語の翻訳を専門にする企業で、日常生活の中ではあまり見かけることはないかもしれませんが、国内だけでもかなりの数の翻訳会社が運営されています。
翻訳会社に勤務するほとんどのスタッフは「翻訳のプロ」というだけではなく、実は何らかの業界に精通しているケースがほとんどです。
先ほど例に挙げた「工業的な専門知識や専門用語」「各国の法律事情」だけでなく、「命に関わる医療関係の知識」「経済・経営関連の特殊な用語」など扱えるジャンルも幅広く、意図する内容に沿った表現を用いながら、専門性の高い内容についても事細かに説明していくことができる。
それがプロの翻訳者であり、翻訳会社です。

些細なミスも許されないビジネスの現場であるからこそ、翻訳内容が相手に誤解を与えることはないか、表現は適切かどうか、説明の過不足はないかと細心の注意を払いながら、正確な翻訳が要求されます。
そこで多くの翻訳会社では文章全体の翻訳が完了した後、専門のスタッフによる校正作業を行っています。
文章そのものの誤字脱字のチェックはもちろんのこと、記載に誤りがあった場合にも、迅速に修正を行ったうえで納品されるようになっているのです。
もちろん翻訳会社によって運営されているサービスの内容は様々。翻訳できる言語も取り扱っている業種も多岐にわたっています。

今後、海外の方と契約を結ばなければならない場面に遭遇したとき、あるいは日本語の通じない方と一緒にお仕事をすることになったとき……あなたはどんな選択をされるでしょうか?
一時のことを考えれば翻訳サイトは便利なツールですし、費用がかさむようなこともないでしょう。
ところが、そんな翻訳サイトの利用が引き金となり、思いも寄らない損害へとつながる危険性も潜んでいるのです。
転ばぬ先の杖。あなたの未来に影を落とさぬためにも、ビジネスでの英語翻訳は翻訳会社に依頼してください。

ブログカテゴリ
コンテンツ一覧
  • ツイッター
  • 翻訳のすすめ

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-20-3
東栄神宮外苑ビル

無料お見積り
03-6447-0298

【営業時間】10:00~18:00(土日・祝日除く)

ページトップへ

お見積もりは無料です。お気軽に翻訳会社JOHOまでお問い合わせください。

電話番号:03-6447-0298
翻訳言語
英語 中国語 ドイツ語 韓国語 フランス語 タイ語 イタリア語 ベトナム語 スペイン語 多言語翻訳 ポルトガル語 ロシア語  国際特許出願
対応分野
法律・契約書 特許翻訳 機械・工業・技術 IT 不動産・建築 医学・薬学 教育・研修 金融・IR 映画・テレビ 観光・宿泊分野 公的証明書 ビジネス文書
企業情報
トップページ 価格表 JOHOの特長 翻訳者募集 お見積り 会社情報 プライバシーポリシー ご利用手順 サイトマップ
Language
日本語 English French 中文 Italiano Deutsch

閉じる