翻訳は、品質に定評のある
翻訳会社JOHOにおまかせ下さい。

英語翻訳のコラム

企業パンフレットの翻訳の必要性

企業パンフレットの翻訳の必要性とその背景

グローバル化が進み、海外に進出する日本企業の数も増え、また進出する地域も増えてきています。また、海外に支社や工場を設立するとまではいかなくても、海外の顧客が増えたりと、もはや海外市場を無視してビジネスは成り立たず、それに伴い企業のパンフレットやカタログなどの翻訳の必要性も高まっています。たとえば現地に支社や工場を設けて生産・製造および販売を行う場合、海外からのオファーの増加、海外からも優秀な人材を確保したい、現地の展示会に参加する、その他市場調査など、企業のパンフレットなどの翻訳が必要とされる場面は様々です。対象国の言語はもちろん、文化背景やビジネス、市場を熟知して、現地で使用しても違和感のないターゲットに合わせたパンフレット等の翻訳が必要となります。

 

企業パンフレットの翻訳が何故必要なのか

中国や韓国製の家電製品や自動車産業が世界に進出しても、未だ日本製の品質への信頼は衰えず、日本企業の製品は確固たる地位を世界で築いていると言っても過言ではないでしょう。しかし、年々世界のマーケットにおける自動車と電化製品の産業は競争の激しさを増し、品質を確保しつつ低価格で提供する韓国をはじめ諸外国製品の人気は衰える気配がありません。そんな競争の激しい市場で打ち勝っていくためには、海外に進出する日本企業は、自社製品の価値と品質、サービスの高さを十二分にアピールするパンフレットの翻訳が必要です。

また製品だけではなく、工場などで使用される機械や技術も多く海外に輸出されています。提供したい製品や技術の説明、取り扱いにおける注意点などの基本情報はもちろんのこと、なぜ自社の技術が他社よりも優れているのか、自社の製品や機械を使うメリットおよび補償の手厚さやカスタマーサービスなども海外市場にきちんと売り込んでいかなければならず、そのためにも、現地でパンフレットを見せたときに何の違和感もなく信頼を得られるような翻訳が重要です。

 

ターゲットに合わせた翻訳

冒頭で、ターゲットに合わせたパンフレットやカタログ等の翻訳が重要だと触れました。では実際にターゲットとなる国の何を考慮すべきなのかを掘り下げていきましょう。まず根本的にビジネスに対する姿勢は日本と諸外国では全く異なります。身近な欧米を例にあげますと、生真面目な性格の日本では、企業パンフレットも基本的に堅い表現を使って書かれており、遊び心や言葉遊びなどが見受けられないのが一般的ですが、欧米では、しっかりと論理的な説明も入れつつ遊び心を忘れない、キャッチーなフレーズを使いながらパンフレットを作成している印象があります。ウィットさを重んじる欧米では、日本の堅苦しいだけのパンフレットでは日本企業の魅力を十二分に伝えきれない可能性もあるというわけです。それに加えて言語の仕組みの問題もあります。外国語には日本語にはない表現や文法があり、独特の言い回しなどが企業パンフレットに使われていますので、単純に日本語からターゲットの外国語に訳するという作業は求められません。

また、パンフレットの企業説明や商品説明だけでなく、取り扱う写真や表現一つをとっても、他国ではタブーになりえる可能性もあります。男女平等が達成されている国ランキングで上位を占める北欧をはじめとするヨーロッパ諸国では、家電を使用する人物が女性しか映っていないような写真や、その層だけをターゲットにしたような文言では批判まで受けかねません。その国の文化や社会制度などをしっかりと意識しながら翻訳文およびパンフレットのデザインなどにまでしっかりと考慮することが重要です。

 

企業パンフレットの翻訳はプロへ

企業パンフレット等の翻訳にはビジネス英語などの高レベルな英語力はもちろんのこと、各業界における専門用語の知識が必要となります。IT産業、自動車産業、医療産業等各分野で使用される専門用語は多岐にわたり、たとえ日本語であっても理解するのが容易いものではないのに、それを諸外国語に翻訳するとなると高い専門性が問われます。適切でない用語や表現を使用してしまうと、それだけで企業への信頼感が失われ、ビジネスにつなげることができなくなります。自社が参入する産業について知識と経験のあるプロの翻訳家および、現地語でいかなる違和感もないかチェックできるネイティブスピーカーを構える翻訳会社を探す必要があります。

また、海外に進出する際必ずしも英語圏であるわけでも英語が通じるわけでもなく、また新興国にも拡大していくケースが多いです。大きなビジネスパートナーであるアメリカをはじめとする英語圏、ヨーロッパ諸国、近隣の中華圏や韓国にターゲットをしぼるだけでなく、石油輸出国のアラブ諸国や南アジア諸国など、今全世界がビジネスのターゲットとなっています。英語や中国語などの身近な言語だけでなく、アラブ語やベトナム語、南米で話されるスペイン語など多くの言語に対応している翻訳会社を見つけることも重要です。対象国で話される言語と歴史や文化などの背景知識に詳しく、その国に受け入れられるパンフレットの翻訳を提供する会社を選びましょう。

 

ブログカテゴリ
コンテンツ一覧
  • ツイッター
  • 翻訳のすすめ

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-20-3
東栄神宮外苑ビル

無料お見積り
03-6447-0298

【営業時間】10:00~18:00(土日・祝日除く)

ページトップへ

お見積もりは無料です。お気軽に翻訳会社JOHOまでお問い合わせください。

電話番号:03-6447-0298
翻訳言語
英語 中国語 ドイツ語 韓国語 フランス語 タイ語 イタリア語 ベトナム語 スペイン語 ポルトガル語 ロシア語 チェコ語翻訳 ポーランド語翻訳 ベラルーシ語翻訳 ウクライナ語翻訳 デンマーク語 フィンランド語 スウェーデン語 アラビア語翻訳 ヒンディー語翻訳 インドネシア語翻訳 多言語翻訳 国際特許出願
対応分野
法律・契約書 特許翻訳 機械・工業・技術 IT 不動産・建築 医学・薬学 教育・研修 金融・IR 映画・テレビ 観光・宿泊分野 公的証明書 ビジネス文書
企業情報
トップページ 価格表 JOHOの特長 翻訳者募集 お見積り 会社情報 プライバシーポリシー ご利用手順 サイトマップ
Language
日本語 English French 中文 Italiano Deutsch

閉じる